株式会社チャンネルプラスの制作スタッフによるニュースブログ

TBSグループ

株式会社チャンネルプラスのスタッフコラム | チャンネルコラム

チャンネルプラスは報道取材とWEB制作を中心とした
メディアと未来をつなぐ会社です!

東京スカイツリーの成長を撮り続けた日々

2013.08.14
arita_blog_key
■スカイツリーを見上げる人々

それはまだ、東京タワーよりも小さかった頃・・・
下町の人々があらゆるところで声を掛けてきてくれます。
「いい絵撮ってね!下町のシンボルだから頼むね」と、新たな電波塔を我が子のような思いで見つめている人、たーくさんいました。

この取材で最優先したことがあります。スカイツリーを撮ることよりも!です。
『カメラクルーに声を掛けてきてくれた人が居たら、撮影中であろうとも、どんなに時間が迫っていても“お話し”をする』こと。
勿論、私達からも積極的に話しかけるようにしました。
下町の、東京の、日本の新たなシンボル誕生!という特別な時間の中で巡り会う・・・
そんな『出会い』を一番大切にしました。
「今日は朝一番から大きな支柱を吊り上げているよ」
「風が強いからタワークレーンは動かないよ!クレーンの向きを見ると判別出来る」等、日々の動向を教えてくれるのです。
毎日見上げているとのことで、とても詳しく、まさに“現場記者”でした。
「来週は町会の祭りがあるから、スカイツリーと絡めて撮ってみたら」 「もうすぐ中秋の名月だから、いい絵撮れるんじゃない」
一番多く声を掛けてきてくれたのは、一眼レフカメラで建設中のスカイツリーを撮り続けている方々でした。
その中で忘れられない出会いの一つが・・・

■世界一の“たけのこ”

川面に映る“逆さツリー”で有名なポイント、十間橋。
その日の撮影が終盤に差し掛かったころ、70代の男性が話しかけてきました。
「TBSさん、俺が撮った“たけのこ”見てくれないか」

たけのこ???

この男性は、日々ぐんぐん成長するスカイツリーが竹の子のように見えると言い、自宅マンションから撮った写真を見せてくれました。
その写真が凄いんです。
スカイツリーと富士山の2ショット!最高の写真でした。
夜明けから薄暮まで、様々な空の表情や光の中で伸びゆくスカイツリー!
これだけでも素敵なのに、日本一の富士山と共演までしている。
『竹の子が、その背を伸ばし青竹になり、富士山に追いつこうと空へ向かっている』
写真から感じたのは、世界一になろうとする“たけのこの成長”でした。
思わず「私達も、ご自宅で撮影させて下さい」とお願いしたら、
「連絡先教えるから今度おいで!」と受け入れてくれました。

photo081402
撮影:鳥海道勝 ■最初に朝日を浴び、最後まで夕日に染まる

“たけのこの成長”を撮り続けている鳥海道勝さん(当時75歳)は奥様と2人で定年後のゆっくりとした時間を、葛飾区のマンションで過ごしています。
ご自宅を訪ね、まずは撮影打ち合わせ。
「日の出の時刻、街に日が差していない中、一際高いスカイツリーは最初に朝日を浴びる」
「午前中は順光で、塔体の藍白が綺麗に出る」
「夕方は逆光になり、都心の中で最後まで夕日に染まる」
毎日の観察から得られた“撮影のコツ”は、スカイツリー建設の進捗状況だけでなく、取り巻く風景や年間通しての気象条件にまで及んでいました。
窓から眺めるスカイツリーは生活の一部になっていて、鳥海さんにとって『元気のもと』なのだな~と感じました。
冬の寒さと闘いながら一緒に撮影した後は、お部屋で暖をとらせて頂き、奥様がいれてくれたお茶をすすりながらスカイツリーの話をする。
テーブルいっぱいにスカイツリーの写真を広げ、地区の広報誌に掲載された話から日々の出来事に至るまで、おしゃべり!
“身も心も温まる”楽しいひとときを過ごさせて頂きました。

■ダイヤモンドを狙え

鳥海さんのご自宅から、1年間で2回だけ見られる『ダイヤモンド富士』
空気が澄み渡り、全ての気象条件が揃わなければ、ダイヤモンド富士とスカイツリーの共演は映像に収められません。
その日は何月何日なのか?
1日1日動いていく日没の位置を観察して割り出していくことが必要なのです。
しかし、報道カメラマンとして日々発生するニュースを追いかけている仕事上、毎日確認に行くことは難しい状況でした。

『ダイヤモンドを狙うのは厳しい・・・』 そんな私達に、鳥海さんが力を貸してくれました。

「2日後に富士山と夕日が重なりそうだよ」等の情報を、電話で逐一教えてくれたのです。
2011年2月4日、スカイツリー574メートル。
『ダイヤモンド富士』と『成長を続けるたけのこ』の撮影に成功。
この先二度とない建設途中の夕景色は、1人の男性との出会いによって映像になりました。
「来年は、ダイヤモンド富士と634メートルに達したスカイツリーを撮りましょう」と約束し、この日の撮影を終えました。

■東日本大震災

2011年3月1日。

スカイツリーは600メートルを超え、電波塔として『世界一の高さ』に成長しました。
そのわずか10日後に東日本大震災が発生。
私は、大渋滞の都内を車で走り、スカイツリーを一度だけ目にして被災地へ。
福島県で原発事故の取材を続ける間に、スカイツリーは最高到達点である634メートルになりました。
自らの手で撮影することは叶いませんでしたが『震災から復興する日本のシンボルになって欲しい!みんなを元気付けて欲しい!』と被災地から心底願いました。
その後しばらくの間、スカイツリーの撮影は少なくなってしまいました。
こうした中でも『スカイツリーで知り合った方々との繋がりは大切にしたい・・・』
仕事が一段落した際、鳥海さんへ連絡を入れ「奥様共々、怪我はなかった」と聞き、安心しました。
会えない時間が続いたまま新年を迎え、年賀状を送りました。
ほんの小さなことなのかもしれません。でも、繋がることを大切にしました。

■再会、そして“珠玉の映像 グラフィックス3

2012年2月5日

久しぶりに訪れる鳥海さんのご自宅。
お互いに話は尽きないのですが、今は1年ぶりのダイヤモンド富士を狙うべく被写体にレンズを向ける。
しかし、スカイツリーの左側に見えるはずの富士山は雲に覆われ、最後まで姿を現しませんでした。冷たい風に吹かれる中でしたが、再会の時は“湯たんぽ”のように暖かかった。

「鳥海さん、あと何日くらい経ったら夕日がスカイツリーにかかりますか?」
「どうだろうね~?10日か?それ以上か?」
私は、わがままなお願いだと分かっていながら切り出しました。
「“ダイヤモンドスカイツリー”しかも、天望回廊に夕日が重なる時を狙ってみたいです」
「1日でどれくらい太陽の位置がずれるのか?予測は難しいが、“Xデー”の前日に有田さんへ連絡出来るよう毎日見ておきますよ」
私達の撮影を自分の事のように楽しんでくれて、面倒をみてくれる鳥海さん。
2週間後、私の携帯電話が鳴りました。
「どうやら、明日が“Xデー”だと思う!」
「なんとしてでも行きます!」

地上450メートル。
天望回廊とオレンジ色の太陽が1つに重なり、無数の輝きが窓ガラスに散りばめられる。
夕日の中に浮かび上がる姿は、どこまでも力強く【新たな時代の到来】を感じさせるものでした。
『十秒わずかの“珠玉の映像”』
視聴者の瞳に映し出すことが出来たのは、下町気質あふれる男性の存在があったからなのです。

東京スカイツリーの成長を追い続け、巡り合った沢山の人たち。
そこで学んだこと、感じたこと。
取材者である前に、人としてどう向き合うべきか?
日々のニュースに時間を追われ、忘れてしまいがちな『ごく普通のこと』
これからも、空まで伸びた『世界一』を見上げるたびに、
そのふもとにある『下町』を思い出していきたいです。

親愛なる鳥海さんに敬意を込めて・・・


photo081401 撮影:鳥海道勝